twitterの炎上を賢く鎮火させる方法

twitterをやる時の注意点

何が問題だったのか考える

このコラムをシェアする

炎上した原因を突き止めよう

簡単にtwitterには、自分の考えを投稿できます。
ですがそれが仇になって、批判のコメントを宅たくさん寄せられるかもしれません。
炎上した際は、何が原因だったのか考えてください。
原因と向き合って、自分の言葉で謝罪することで反省していると周囲に伝えられます。
誰かに言われた言葉は、自分の言葉ではないので気持ちを伝えることができません。

謝罪の言葉は、必ず自分で考えてください。
最近は、批判のコメントがたくさん寄せられて恐怖心を抱くかもしれません。
しかし過去の投稿を振り返ることで、炎上の理由に納得できるでしょう。
その時にはきちんと、謝罪のことばを自分で考えられるはずです。
怖いかもしれませんが、早く原因を調べなければいけません。

かなり昔の投稿まで調べよう

最近twitterに投稿したものだけが、炎上するわけではありません。
昔の投稿だって、炎上する可能性を持っています。
急に炎上した原因は、何年も前の投稿かもしれません。
原因を調べる時は、遥か昔まで遡ってください。
時間が掛かるかもしれませんが、振り返ると原因をすぐ解明できます。

自分で削除しなければ、一生twitterに投稿した記事は残ります。
そのことを意識して、twitterに投稿するのも良い方法です。
自分の投稿が原因で、他の誰かが傷つかないか考え直してください。
また、自分の周りの人だけが投稿を見るわけではありません。
全く知らない人にまで、見られることがあります。
炎上すると全く知らない人から批判のコメントを言われるので、非常に怖い思いをします。