twitterの炎上を賢く鎮火させる方法

twitterをやる時の注意点

嘘は絶対いけないこと

このコラムをシェアする

自分の考えを正直に話そう

なぜ炎上するような発言をしたのか、説明してください。
上手く説明すると、周囲の人は納得して炎上が収まります。
炎上した時は、謝ると同時に弁解することを忘れないでください。
ですが、嘘をついて弁解することは絶対にしないでください。
嘘をつくと、周囲に悪い影響を与えます。
今回の弁解が嘘だったと気付かれると、さらに炎上する原因になります。

発言した当初は嘘が通るかもしれませんが、すぐに気づかれます。
その時のリスクが高いので、正直に自分の気持ちを伝えましょう。
分かりやすく伝えることも重要です。
どんな言葉を使うと、自分の考えが伝わりやすいのか考えながら投稿しましょう。
焦って投稿すると、火に油を注ぐ結果になってします。

自分の考えを改めよう

弁解する時に、自分は悪くないと言ってしまう人がいます。
ですが自分は悪く無いという姿勢のままでいると、周囲の人に悪影響を与えます。
自分の悪いところを、認めることも重要です。
投稿を見返して、自分の発言が間違っていたと思ったら素直に見直して謝罪してください。
また、弁解しすぎると言い訳に聞こえてしまいます。

それも周囲からの印象が悪くなります。
こちらが悪いのに、悪くないと言い張っていると炎上が広まって、2度とtwitterができない状態になってしまいます。
これからも、twitterを使い続けたいですよね。
早く悪いところを認めれば炎上が収まるので、今後も変わりなく使えます。
自分は絶対に悪くないと思い込む精神は、改めてください。