twitterの炎上を賢く鎮火させる方法

twitterをやる時の注意点

対応の方法を調べておこう

このコラムをシェアする

炎上したらまず謝ろう

たくさんの人が使っているSNSがtwitterですが、炎上する可能性を持っています。
よく芸能人のtwitterが炎上しているというニュースを見ると思います。
ですが、芸能人だけが炎上するわけではありません。
一般人でも、不適切な発言をした際は炎上してしまいます。
もし炎上した場合は、謝罪することが大事です。
自分の発言が不適切だったと、反省している姿勢を見せてください。

炎上しても反省している様子が見えないと、さらに周囲の人は怒ります。
さらに炎上が広まると、対処できなくなります。
また、炎上したきっかけになった記事を消すのも良い方法です。
不適切な発言をしたのであれば、削除してください。
簡単にtwitterに投稿した記事を削除できます。

早急に謝れば大丈夫

炎上してから、時間が経ってから謝罪しても効果は薄いです。
早く謝ることで、自分の発言が不適切だったと反省していることをアピールできます。
スムーズに炎上を収めるためには、早く謝ってください。
炎上していることに、早く気付くことが大事です。
時々twitterを覗いている程度では、自分の投稿が炎上していることに気付けないかもしれません。

定期的にtwitterをチェックしてください。
そして、自分の発言を振り返りましょう。
その時は良いと思った発言でも後から振り返ると不適切だったと自分で気づくかもしれません。
その時点で発言を消すことで、炎上を予防できると言われています。
炎上しないように、日頃から気を付けて投稿しましょう。