twitterの炎上を賢く鎮火させる方法

twitterをやる時の注意点

炎上に早く対応することを意識

現代では、たくさんの人がtwitterを使っています。
気軽にいろんな発言ができますが、文章だけで自分の考えを伝えるので扱いが難しい部分があります。
自分が本当に伝えたかったことが、周囲に伝わらない可能性があります。
曲解して伝わった場合、多くの人から非難の言葉を浴びせられるかもしれません。
それを、炎上と呼んでいます。
炎上した場合は、どのような対応をすれば良いのでしょうか。
何よりも、謝ることが重要だと覚えておきましょう。

放っておけば収まると思っている人がいるでしょう。
ですが、根も葉もないことを言われることがあります。
弁解しないと、何も知らない人はそれを信じてしまうでしょう。
炎上したら、すぐ謝ることが大事です。
後から、自分の発言が間違っていたと思ったら謝罪してください。
するとこれ以上炎上が広まっていくことを防げます。
炎上してしまうことは仕方がないので、被害が大きくならない対策を考えてください。

弁解する時は、嘘をつかないことは絶対守ってください。
嘘をついても、いずれ気づかれます。
その時にさらに炎上が広まったり、自分の信頼性が低下したりする原因になります。
会社で情報をお客さんに伝えるため、twitterを使うことがあると思います。
炎上すると、会社の印象が悪くなることを忘れないでください。
特に会社でtwitterを使っている時は、炎上に気を付けなければいけません。
仮に炎上したとしても、上手く収めることができれば会社の評判を守れます。

対応の方法を調べておこう

万が一twitterが炎上してしまった場合は、早く謝ることを徹底してください。 それ以上、炎上を広めないことが大事です。 放っておくと、どんどん炎上が広まるので自分で解決するのが非常に難しくなります。 すると自分の印象も悪くなるので、良いことはありません。

嘘は絶対いけないこと

炎上した時は、なぜそのような発言をしたのか弁解する人が見られます。 説明するのは良いですが、嘘はつかないでください。 正直に話すことで、周囲の人は分かってくれるはずです。 嘘をついても、炎上を抑えることはできません。 いずれ嘘だと気づかれて、さらに炎上します。

何が問題だったのか考える

どのような発言が炎上の原因だったのか、考えることも炎上を鎮めることに繋がります。 炎上する時は、必ず原因があります。 原因が分かっていないのに謝ると、気持ちが込められていないと周囲の人に思われます。 投稿を振り返ったり、批判のコメントを見ると原因が分かります。